ホーム

院長ご挨拶

院内設備のご案内

受付時間・アクセス

よくあるご質問

オンライン予約

menu

内科

外科

消化器内科(内視鏡)

小児科

肛門外科

リハビリテーション科


MAP


大きな地図で見る

竹内医院 MOBILE QRコードで簡単アクセス

良くある質問

-

血圧が高いといわれたのですが、放置しておいても大丈夫ですか?

-

「血圧が高い」と言われても、自覚症状もないためになかなか受診されない患者様は実は多くおられます。
液体である血液を体のすみずみに送るためのポンプが心臓であり、送るためのホースが動脈です。
ホースの中でどのくらいの水圧がかかっているかを表したのが、いわゆる「血圧」です。
「血圧が高い」ということは、肥満などにより1回の心拍動で送り出さなければならない血液量が増えてしまっていたり、動脈が硬くなったり詰まり気味になってしまっているということを意味しているのです。
また血液自体がドロドロになってしまうような高脂血症や糖尿病でも高血圧は起こりやすくなります。
高い圧を出さなければならないポンプ(心臓)には負担がかかります。
また心不全の原因にもなり、高い圧を受けた血管も早く傷みます。
傷んだホース(動脈)に高い圧が加われば、亀裂が入って血が漏れてしまいます。
その亀裂が脳で起これば脳出血(脳卒中)となるわけです。

以上のことからも高血圧は放置しておかずに早めに医師の診察を受けられることをお勧めします。


-

メタボリックシンドロームって?

-

日本人の3大死因は、がん・脳卒中・心臓病です。
その内、心臓病と脳卒中を合わせた循環器病を引き起こす原因は「動脈硬化」です。
「動脈硬化」を引き起こす危険因子としては、悪玉コレステロールが知られていますが、最近の研究で肥満(特に内臓に脂肪が蓄積した内臓肥満)が様々な生活習慣病を引き起こし、「動脈硬化」の要因であることがわかってきました。

内臓に脂肪が蓄積し、糖尿病・高血圧・高脂血症などの生活習慣病を引き起こしやすい状態が、「メタボリック症候群(内臓脂肪症候群)」です。
これらの病気はお互いが密接に関係して発生しています。
数多く合併するほど「動脈硬化」を進行させ、心筋梗塞などの心疾患、脳梗塞などの脳血管疾患を起こしやすくなります。
ご自身が、「メタボリックシンドローム」なのか、その予備軍なのかを早期に把握することが非常に大切です。


-

糖尿病は治るのでしょうか?

-

残念ながら現在の医学レベルでは糖尿病を完全に治すことはできません。
しかし、食事と運動の基本を守って、必要に応じ飲み薬やインスリン注射の助けを借りて、良い状態に保たれていれば健康な人と同じように日常生活を送ることができます。
また、それにより血糖を正常域に近づければ合併症を防ぐことができます。


-

胃カメラではどのような疾患の検査が可能ですか?

-

上部内視鏡検査、いわゆる胃カメラは、胃がん、食道がん、十二指腸がんといった悪性腫瘍などの他に胃潰瘍や十二指腸潰瘍、急性胃炎、慢性胃炎、胃ポリープ、十二指腸ポリープ、逆流性食道炎といった良性疾患の診断・検査に有効です。
ヘリコバクターピロリ菌の検査も行えます。


-

内視鏡検査の手順を教えてください。

-

一般的な鼻からの内視鏡検査の手順を以下にご説明させていただきます。
①まず最初に消泡剤(胃の壁をきれいにする薬です)をお飲みいただきます。

②両方の鼻に局所血管収縮剤をスプレーいたします(出血しにくく鼻の通りもよくなります)。
通りのいいほうの鼻に麻酔薬を注入いたします(局所麻酔ですので眠くなりません)。

③次に麻酔をぬったやわらかいチューブを鼻空に挿入して局所麻酔を行います。

④検査は左向きに横になった状態で行います。
このときテレビの画面が目の前にありますから、検査の様子を見ることが出来ます。
会話をすることが可能ですので、気になった点は検査中でもご質問いただけます。

⑤検査の時間は通常約5分程度です。
組織を調べる検査やヘリコバクターピロリ検査等を行った時はもう少し時間がかかることもあります。
検査後、結果をご説明させていただき帰宅となります。

⑥眠くなる麻酔は使っておりませんから、すぐにお帰りいただくことが出来ます。
1時間くらいしましたら、お食事を取っていただくことも可能です。


-

鼻から入れる内視鏡検査とはどのような検査ですか?

-

近年、鼻から通す経鼻内視鏡を使った胃の検査に注目が集まっています。

経口での内視鏡検査を受けたことのある方は、おわかりいただけると思いますが、検査中の嘔吐感はかなりつらいものです。
人間には、「咽頭反射」と呼ばれる異物などを吐き出そうという体に備わった防御反応があります。
経口で通した内視鏡スコープが舌の付け根に触れることで、この反射がおこります。
当院では、極細経鼻内視鏡を導入しているため、口からだけではなく、鼻からスコープを胃に通すことによって、この咽頭反射を最小限に押えることができます。
つまり、嘔吐感の少ない検査ができるということです。
また、口がふさがれないために、医師とお話しながらの内視鏡検査が可能です。


-

大腸がん検診で陽性と診断されたときはどうしたら良いですか?

-

大腸内視鏡検査などの精密検査が必要です。精密検査で1~2%の方にがんが見つかります。また、30~40%の方にポリープが見つかりますが、その場で拡大内視鏡などで精密検査を行い、必要があればそのまま内視鏡で切除することができます。当院での検査時間は10~20分、ポリープ1個治療するのは3~5 分ほどです。


-

大腸がんを予防するにはどうしたらよいのですか?

-

大腸ポリープを内視鏡で切除することで大腸がんによる死亡率が低下することは証明されています。
もちろん内視鏡検査により大腸がんによる死亡率が著明に低下することも証明されています。
その他、喫煙、肥満、糖尿病などは大腸がんの危険因子として知られています。禁煙、体重を増やさないこと、血糖コントロールをよくすることで予防できる可能性があります。また、有酸素運動を行う能力の低い人は大腸がんになりやすいと報告されています。適度な運動が、がんの予防となる可能性があります。


-

ピロリ菌とは何ですか?

-

正式にはヘリコバクター・ピロリ菌といって、胃粘膜に感染するらせん状の細菌です。
感染した人すべてではありませんが、胃炎、胃潰瘍、十二指腸潰瘍などを引き起こします。胃がんや胃悪性リンパ腫の原因のひとつともいわれています。
当院ではピロリ菌検査およびピロリ菌除菌を行っています。


-

便潜血検査で何かわかりますか?

-

消化管にがんや潰瘍などの出血しやすい病変がある場合、便潜血反応が陽性となり、消化管の病気を見つけるきっかけとなることがあります。
大腸がん検診としての有効性は証明されていますが、あくまで「陽性となった場合、大腸内視鏡検査を受ければ」という条件つきです。残念ながら、「陰性だから大腸がんの心配はない」ということを保証するものではありません。


-

こどもの急な発熱の対処方法について教えて下さい

-

熱が出ているだけではあわてる必要はありません。熱が上がってきている途中の体がふるえている、手足の先が冷たいときは、暖めてあげましょう。そのあとふるえが止まり、手足が暖かくなり顔が赤らんでくれば、熱が上がりきったということです。今度は薄着にして、冷やしてあげて下さい。また、熱が出ているときは水分が失われやすいので、水分をこまめに取らせて上げましょう。
ただし生後3ヶ月以内の発熱は、重症の場合もありますので慎重を期して、お早めに当院を受診して下さい。


-

すり傷や切り傷の自己処置においての注意点などありますか?

-

まず第一に傷口を水道水でしっかり洗い流すことが大切です。
ご存知の方も多い事と思いますが、都市部の水道水はきちんと殺菌処理されているので非常に清潔なためこれだけで高い洗浄効果があります。

消毒薬についてはあくまで補助的な役割で、極力使用は控える事をお勧めします。傷口を洗い流して洗浄せずに塗布するとかえってばい菌の繁殖を促し、治りが遅くなります。
また、強い消毒薬などはかえって患部にダメージを与えてしまう事もあります。

ご来院の際は、水で洗い流した後、患部を軽くガーゼで覆うなどしてからお越し下さい。


-

骨粗鬆症とは何ですか?

-

骨粗鬆症とは、骨の「病的老化」といえます。
骨粗鬆症は、明らかな疾患であり、骨折は骨が脆くなるために起こる合併症で予防及び治療が必要です。
わが国では、急激な高齢化に伴い、骨粗鬆症の患者様は1100万人に達すると予想されております。
骨粗鬆症では、脊椎・前腕骨・大腿骨頚部などの骨折が生じやすく、社会的にも重要な課題となっております。
当院では骨密度測定装置にて、短時間で検査可能です。